2年生ディベート大会(於:文京学院大学)

11月17日に、岸田ゼミ2年生が文京学院大学経営学部オープンゼミ大会に参加しました。この大会では、文京学院大学、大東文化大学、専修大学、日本大学の4校・5つのゼミが参加し、3年生のディベートと同じルールにもとづいてディベートの対戦をしています。

今年度の2年生のテーマは、「パナソニックvsサムソン、勝つのはどちらか?」というテーマで、現在苦戦が続く日本の電機メーカーと、躍進する韓国サムスンの経営を比較して、その優劣を競うというものでした。

試合の結果は、
日大パナソニック班は、大東文化大学石井ゼミと対戦し、見事勝利!!
日大サムソン班は、専修大学永江ゼミと対戦し、見事勝利!!

ということで、参加2チームとも勝ち、総合成績でも1位となりました。私が在外研究で不在のなか、代講の高橋先生のご指導のもと皆で頑張った成果だと思います。岸田ゼミには「2勝したら焼き肉」という暗黙のルールがあるため、私が帰国したら、2年生の皆にご馳走しなくてはなりません(嬉しい悲鳴)。